予防歯科

  1. HOME
  2. 予防歯科

予防歯科について

予防専用ルーム 予防専用ルーム
予防専用ルーム

永山センター歯科では、予防専用のクリーニングルームにて予防処置を行っています。こちらのクリーニング専用ルームでは歯は削りませんので、歯科医院が怖い方でも安心して来院してください。
これからは歯科医院に「痛くなってから嫌々行く」のではなく、「予防ケア処置のために」活用されてはいかがでしょうか。

治療を何度も繰り返すのではなく、一度きちんとよい治療を受け、そしてメンテナンスを行うことで、健康な歯の状態を長持ちさせることができます。

新しい予防歯科は
以下のような方向に進んでいます

  • 虫歯の穴を削って埋める治療から虫歯を防ぐ予防ケアへ
  • 歯周病の手術や抜歯から、歯周病菌の除菌へ
  • ブリッジや入れ歯から、インプラント(人工歯根)へ
  • 美しい口元、白く輝く歯、清潔で口臭のない歯肉、金属アレルギーのない歯へ…

これらは予防歯科のメンテナンスがあってこそ長持ちするのです。

予防歯科の種類

予防歯科には、虫歯の予防、歯周病の予防、口臭の予防、かみ合わせの調整などがあります。虫歯の予防の方法としては、歯のクリーニング(PMTC)、フッ素の応用、おやつや甘味の回数、歯磨き、虫歯菌の除菌(3DS)などがあります。
歯周病の予防のためには、歯磨き、歯のクリーニング、歯石の除去、かみ合わせの調整、栄養やストレスの調和、糖尿病など全身病のコントロールなどが大事です。とくに重症の歯周病には「歯周内科」で歯周病菌を取り除くことが極めて効果的です。

歯のクリーニング(PMTC)

PMTCPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、自分で歯磨きをしてもおちない歯の汚れを、専用の機材やお薬を使って、歯科衛生士やドクターが行う徹底的な歯のお掃除のことです。
お口がスッキリすることから患者さんにもとても好評で、怖くて行きたくない歯科医院のイメージを変えたといわれます。
歯のクリーニングは通常3ヶ月おきに行い、お口の状態やご希望によって、担当の歯科衛生士と相談するとよいでしょう。 歯磨きでは落とせない虫歯の元になる細菌の塊を磨き落としますので、続けて行うことで虫歯になりにくい健康な歯を作ります。

虫歯の画期的な予防法(3DS)

3DSデンタルドラッグデリバリーシステムといいます。国立感染症研究所(当時)の花田信弘先生、武内博朗先生(聖和会OB)等によって開発された虫歯菌の除菌療法です。
まず、歯のクリーニング(PMTC)を徹底的に行います。次に、歯並びにあわせたトレー(ドラッグリテーナーと呼びます)に薬剤を入れて歯に接着します。5分ほどそのままにしておき、うがいをして終わります。これを2週間おきに1,2回繰り返します。
これによって虫歯菌が完全に、あるいは検出不可能なほどに除菌されます。虫歯にならないだけでなく、お口の中が粘つかないようになりさわやかになります。虫歯が原因となる口臭もしなくなります。

3DSについてはこちらもご覧ください

歯周病の画期的な治療法「歯周内科」

歯周内科は歯周病治療の画期的な治療法です。病的な口臭の予防法としても効果的です。
まず、内科医との打ち合わせて患者さんの歯周病に効果的なお薬を選んで内服していただきます。次に、歯や歯肉を徹底的にお掃除します。これをPMTCといいます。その後で、歯並びにあわせたトレーに歯周病菌によく効く薬を入れて歯肉内に流し込みます。
これによって、今までの治療では治りにくかった頑固で重症の歯周病が劇的に改善します。口臭、歯肉の腫れ、出血、歯がぐらつく、歯が長くなった、歯が抜ける、冷たいものがしみる、などの歯周病特有の症状が解消します。

PAGETOP